マンション売却までの手続きで必要な期間ってどれくらい?

マンション売却の期間は平均的にどのくらいなのでしょうか?

 

マンションを売却しようと思った時に初めに知っておきたい事の一つに「どのくらいの期間があれば売れるのか?」というものがありますよね。

 

  • 売りだせば、すぐに売れるのか?
  • 何年もかかるのか?

 

初めて不動産を売却する人にとってはとても大切な問題です。

 

しかし、どのくらいの期間で売れるかは、売却するマンションの細かい条件によって異なります。

 

地域の違いもそうですが、価格、間取り、立地、不動産会社の広告の方法などさまざまな条件が絡んできますので、売りだしてみないと分からないというのが正直なところです。

 

売りだしてすぐに内覧希望者が出てくることもあれば、何か月たっても内覧さえないような大変な状況も考えられるのです。

 

ただ、ある統計によれば、過去の統計によると平均して3か月〜半年程度とのことでした。

 

この数値は首都圏での統計ですから、地方ではもう少しかかるとみていいのかもしれません。

 

しかし平均値なので、実際には1年近くも売れないケースさえあるのです。

 

 

マンション売却の事前調査の期間ってどのくらい?

 

売りだしてから平均で3か月程度という平均の数値は、マンションを売り出してからの期間です。

 

しかし、実はマンションを売却するための準備期間として、その前も売却計画として見ておいた方がいいでしょう。

 

マンションを売却すると一口に言いますが、まずは次のような行動を起こさなければなりません。

 

 

価格調査やマンション売却についておおまかに知る

 

全く相場が分からない状況でマンション売却をするのは、リスクが大きいです。

 

価格の相場もある程度知っておくといいですが、売却の流れなどについても把握しておいた方がいいのです。

 

媒介契約を結んでから、すべて不動産会社任せにして後悔をしてしまうケースもあります。

 

事前にある程度の知識を身に付けておけば、不動産会社とのやり取りもスムーズになるでしょう。

 

 

売却するマンションの査定をしてもらう

 

この時に注意したいのが、査定をしてもらう不動産会社を1社に絞らないことです。

 

必ず複数の不動産会社の査定を比較して、どこに頼むか決めるようにするのが成功のコツです。

 

ただ、複数の不動産会社に何度も査定をお願いするのは正直面倒ですよね。

 

また、査定の時点では「売却」の意思が固まっていないこともあるかもしれません。

 

そのような時には、不動産一括査定のサービスが便利です。

 

オンラインでマンション情報について、たった一度入力するだけで何社もの不動産会社からの査定を受けることができます。

 

メールで査定額を教えてもらう机上査定ならば、気持ち的にも気軽ですよね。

 

そして、この段階で数社を比較して、訪問査定に来てもらう不動産会社を決定するようにするといいですね。

 

 

どの不動産会社と媒介契約を結ぶか決める

 

不動産一括査定で複数社の対応を見たら、どの不動産会社に依頼するかを決めなければなりません。さらに不動産会社を絞って、実際に訪問査定に来てもらうことになります。するとここでもまた期間がかかることになります。

 

 

 

このように、売り出す前の段階の準備で1か月程度かかることもあります。マンションの売却には期間がかかってしまうのは仕方のないことです。「○月まで売らなければならない」という明確な気持ちがあるのなら、少しでも行動に移した方が良さそうですね。

 

 

不動産会社の選択で売却までの期間が変わってくる?!

 

媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と種類があります。

 

複数社と並行して依頼をすることができる一般媒介では、契約期間を設けていません。

 

一方、一社のみの契約しかできない専任媒介契約、専属専任媒介契約では期間が3か月未満と決められています。

 

どの契約方法を選ぶかは、特徴を比較した上、自分で決めるしかありませんが、この選択方法で売却期間にも差が出てしまうことがあります。

 

 

一般媒介は同時に複数社に依頼できることがメリットのように考えられますが、広告にコストをかけてくれないというデメリットがあります。

 

また、専任媒介の場合には、積極的に動いてくれるメリットがありますが、不動産会社に対して不信感を抱いたとしても、契約期間内の解除ができないというデメリットがあります。

 

 

さらに不動産会社によっても得意不得意があります。

 

マンション売却の実績が多く、戦略をしっかりと持っている不動産会社なら比較的早期に買い手が見つかる可能性が大きいものの、実績が少ない不動産会社であれば売却期間が長くなってしまう可能性が高まります。

 

3か月程度で買い手が見つからなかった場合には、不動産会社を変えるのか、そのまま続けて依頼するのかの見極めも大切になってきます。

 

ただ、そもそも「価格が高い」「立地が悪い」という場合には、不動産会社の動きが原因となる訳ではないので、これからの戦略を考えていかなければなりません。

 

 

早めの行動が早期売却に繋がる

 

平均的な売却期間を想定していても、売り出し状況によっては3か月未満で売れることもあります。

 

しかし、半年以上かかってしまうケースもあります。

 

また、買い手が見つかってからも期間がかかります。

 

買主が住宅ローンを利用する場合は、審査などに時間がかかりますし、引渡しまでも1〜2か月かかってしまうものです。

 

そこで大事なのは、売りたい期日を設定して逆算した時期から、売却に向けての活動をするということです。

 

「いつまでには必ず売りたい」という目標時期があるならば、早めの行動が大事です。

 

そして、媒介契約を結んだ不動産会社にもその旨伝えておき、様子を見ながら値下げなどのタイミングを見計らいましょう。

このページの先頭へ戻る