マンションを高く売却して損しないためのコツはたった2つ!

まず理由はどうあれマンションを売却するときには、知識がないまま売却依頼をしないことが重要です。

 

マンション売却など不動産を売却することは、日常生活でたびたびあることではありません。

 

また、不動産会社の方と話している時に専門的な用語を頻繁に耳にすると不動産会社にすべてお任せしたいと考えてしまいそうです。

 

マンション売買に関しては生きているうちに頻繁にあることではないため、知識がないまま不動産会社に問い合わせをする方がほとんどです。

 

そして、プロである不動産会社に任せっきりにしてしまうケースもあります。

 

しかし、ここで問題がひとつあります。

 

不動産売却という未知の世界に飛び出す際に、予備知識がないままでは売却を成功に導くための可能性が低くなるということです。

 

例えば、「転職活動」する場合で考えてみたいと思います。

 

今までとは違った業務内容の会社に新たに就職をすることになったとします。

 

経験がないので何も知らなくて当然ですよね。

 

でも、その時に「何の知識もないまま出社する」のと、「本を読む、仕事内容についてリサーチする」など少しでも知識をつけていくのでは、後者の方が成功しやすいですよね。

 

また、学校の試験もそうです。

 

全く勉強しないで受けたものと、ひととおり勉強してから受けるのでは結果が違います。

 

マンション売却は「成功したい」ものなので、予備知識として一般的なことを知っておくといいのです。

 

そうすることで、不動産会社の働きもチェックできます。

 

また、不動産会社が提案してくる価格の件に関しても納得できるかできないかが見えてきます。

 

知識と言っても深すぎる知識は必要ありません。せめて次のような知識を持っておくといいでしょう。

 

  • 不動産の査定や売却の流れ
  • 媒介契約の種類
  • 仲介手数料について
  • 売却価格についての考え方
  • 売却にかかる手数料や税金関係

 

 

マンション売却先の不動産会社を安易に選ばない

 

マンションを高く売るためのコツとして、不動産会社を安易に選ばないことがあげられます。

 

「マンションはどこに依頼しても同じ」と考えている人もいるかもしれません。

 

そうでしょうか?実は不動産会社選びはとても大事なこと。

 

軽く考えてはいけない部分です。

 

不動産会社によって担当者はもちろん違いますよね。

 

その担当者がどれだけ熱心に活動をしてくれるかという見極めは重要です。

 

また、自分にとって話しやすい担当者の方だと、気軽に相談できアドバイスを受けることができるメリットもあります。

 

査定額が高い、あるいは低いという条件面だけで選ぶよりも、分からないことに親身になってくれそうかという相性をしっかりとチェックするのも大事です。

 

しっかりと説明してくれる真摯な態度がある担当者の方ならば、購入希望者が現れたときにもきっと同じ態度で接してくれるでしょう。

 

人間対人間で売却活動は進んでいきます。

 

信頼できる不動産会社との出会いが、より高い価格での売却に結びつくのです。

 

そのような対応をチェックできるのが、不動産一括査定です。

 

複数の不動産会社から査定を受けることもでき、メールでの回答や電話対応から対面した時の対応を見ることができます。

 

査定額だけでなく、対応も比較できます。

 

 

購入希望者の「内覧」!これがすべてのカギを握る

 

マンションを売却するためには、内覧があるということが第一条件。

 

いわば「お見合い」と一緒ですよね。

 

お互いに出会わなければ結婚できないのと一緒で、内覧をしなければ「購入したい」と思いませんよね。

 

内覧は、売却のチャンスなのです。このチャンスを活かすかどうかは、「売りたい」という意思の強さにかかっています。

 

お部屋のイメージを少しでも印象よく

 

購入希望で内覧に来る方は期待しながらやってきます。

 

そんな時に散らかっている状態だと、第一印象が悪すぎます。

 

確かに、引っ越して荷物がない状態で売る訳ですから、散らかりは無関係なのでは?と思ってしまいそうです。

 

しかし、実はそうではないのです。

 

購入する側は大きなお金を出してマンションを購入しますよね。

 

せっかく購入するのなら、気分良く購入したいと思っています。部

 

屋が明らかに整理されていなかったり、汚れがひどかったりすると気分を害してしまうというのが正直なところです。

 

購入希望者はいくつかの物件を比較検討している訳です。

 

つまり「選ぶ立場」にあるのです。

 

第一印象が悪い物件は、購入候補から即落とされることになってしまいます。

 

仮に購入したいと思っても何か理由をつけて値下げを要求してくることもあり、高く売ることは難しいですよね。

 

一方、目立った汚れがなく綺麗な物件は大きなお金を出しても購入したいと考えます。

 

それでは内覧時に注意しておきたいポイントをご紹介します。

 

水回りの汚れを綺麗にする

 

特に内覧する方は水回りの汚れをチェックします。

 

水垢やカビなどの汚れを丁寧に掃除しておくことや、排水口のニオイへの対処をしておくことはとても大切です。

 

 

玄関の印象を良くする

 

内覧の方が入ってきた時に、玄関がゴチャゴチャしていると第一印象が悪くなります。

 

また、玄関は靴を置いたりすることからニオイが溜まる場所でもあります。芳香剤などでニオイ対策もしておくといいかもしれませんね。

 

 

照明をつけておく

 

明るい印象のお部屋にしておくと「購入したい」という気持ちが高まります。

 

暗いお部屋は印象が悪いものです。

 

 

常に部屋の掃除・整理整頓をしておく

 

掃除や整理整頓は、マンションを売却しようと考えた時から日常的に丁寧にしておくといいでしょう。

 

内覧のアポイントはいつ電話が来るかわかりません。

 

いついらっしゃってもいいように準備をしておきたいものですね。

 

また、あまりにも汚れがひどい場合には、ハウスクリーニングでプロの掃除を頼むのも高く売るためのコツになります。

 

タイミングもマンション売却の査定には重要です。

このページの先頭へ戻る