マンション売却を依頼する不動産屋選びでチェックする4つのポイント

マンション売却は個人で売買しない限り、不動産会社に仲介を依頼することになります。

 

ですので、不動産会社選びはこれからのマンション売却の成功に大きく影響してきます。

 

ここでは、絶対に失敗したくない不動産会社選びについて紹介します。

 

ポイント1.各不動産会社が得意とする分野について知ること

 

多くの不動産会社がありますが、それぞれ得意不得意があります。「不動産会社」とひとくくりに言われていても、次のようなタイプに分けられるでしょう。

 

・一戸建ての売却が得意
・新築マンションの売却に力を入れている
・土地の仲介を主にしている
・収益物件の売却が得意
・賃貸アパートの仲介がメイン
・中古マンションや中古一戸建ての売却が得意

 

このように、得意分野がそれぞれ違うのが不動産業界の特徴なのです。ただ、得意分野以外の業務はしない訳ではありません。そのため、不動産会社は依頼されれば、それを受けます。ただ、得意とする分野でない業務のため、結果に結びつかず依頼者側としては「余計な時間がかかった上に、失敗してしまった」ということさえあるのです。

 

つまり、マンションを売却するならば「中古マンションの売却に強い」という不動産会社を見極めることが大切です。

 

では、どうやって中古マンションの売却が得意かどうかを見極めたらいいのでしょうか。

 

・チラシ、ホームページをチェック

 

不動産情報が掲載されているチラシ、新聞、地方情報誌などには、たくさんの不動産会社の物件がありますよね。そこで中古マンションの情報がたくさん掲載されている会社をおススメします。

 

また、不動産会社の店頭の物件情報も要チェックです。中古マンションを目玉物件にしているような貼り方をしていれば、その会社はマンションに力を入れていると言えるでしょう。

 

・どのくらいの期間で売却できそうか

 

売却期間は「売ってみなければ分からない」というのが正直なところです。ただ、過去の実績から「わが社では平均○か月で売却した実績がある」というような平均的な数値があれば、参考にはなりますよね。

 

 

ポイント2.不動産会社全体の雰囲気を見極める

 

これから大事な不動産の仲介をしてもらうのですから、対応のいい不動産会社に依頼したいと思いませんか。「とにかくマンションを売ってくれればそれでいい」という訳にはいきませんよね。できるだけ早期に理想価格での売却、そして気持ちの良い取引をしたいものです。

 

依頼をすれば、不動産会社の担当者だけでなく、不動産会社に電話する機会も増えます。依頼主を大切に考えて売却をしてくれる可能性のある不動産会社を見極めましょう。

 

そこで確かめたいのが「電話の対応」です。初めての不動産の売却というものは、とても不安ですし、分からないことがいっぱいです。心配な気持ちを抱えながら勇気を出して電話している売主がほとんどです。

 

電話をかけた時には「質問することがいっぱいだけど頭で整理できない」ということもあるものですよね。そんな時に、不動産会社のスタッフが丁寧にリードするような対応をしてくれれば、依頼者も安心して話ができるものです。また一方的に話をする不動産会社はお客様の立場をあまり気にしないとも言えます。依頼側の話を聞き、そして的確に答えてくれる誠実な態度が「信頼できる不動産会社」の表れなのです。

 

電話対応は「会社の顔」とも言いますが、常にお客様の立場にたった電話応対をしてくれるスタッフなのかをチェックしてみましょう。

 

 

ポイント3.担当者の対応をチェックする

 

電話対応でいい感じだと「この不動産会社に任せたい」と思うかもしれません。しかし、査定に来る人や売却活動をしてくれる人は、電話に出た人以外ということも多いですよね。そこで、実際に訪問査定に来た人をチェックしてみてください。

 

こんな人には頼みたくないという点。

 

・無愛想である
・話が聞き取れない
・服装がだらしない

 

おそらく、こういった担当者はまれなのかもしれませんが、もしこの3点が揃った担当者が来ると若干の嫌悪感を示してしまいそうですよね。自分の大切な不動産の売却をするのですから、「この人に任せたい」と思える最低限の身なりや言葉遣いは大切です。

 

また、査定をしてもらっている時には、さまざまな説明を受けることになります。ところが、不動産売却には専門用語も多いですから、初めての売却をする人にとっては分かりにくい点も多いものです。理解しようと思っても頭の中で追いつかないケースもあります。特に、売却の流れなどを説明されると耳で聞いていても一度に全部は頭に入らないものですよね。

 

そんな時に、分かりやすい言葉を選んで例を出しながら説明してくれる不動産会社は、お客を大切にしてくれる担当者と言っていいでしょう。相手の立場にたって対応してくれるかということは、とても大切な見極めポイントです。

 

 

ポイント4.他社と比較する

 

不動産会社を選ぶ・・・といいますが、自分の不動産を売却するのを任せるのですから信頼できそうな会社に決めたいものですよね。そこで大切なのは、複数の不動産会社に査定を依頼して、同時に比較してみることです。

 

ただ「査定額が高かったからA社にしよう」とか「全国規模の不動産会社で知名度もあるからB社にしよう」という安易な決め方はNGです。また、現在はインターネットの時代ですから、ホームページを持っていない不動産会社も売主側として考えるとあまり有利ではありません。たとえ、ホームページがあっても更新頻度が少ないのもあまり期待度が感じられませんよね。

 

査定額が出た時の説明の根拠や得意分野、会社のスタッフや担当者の対応の良さなどを総合的に見て決めるべきです。

 

不動産一括査定サービスを利用すれば、複数社を比較しながら選べます。

このページの先頭へ戻る