マンションの売却で内覧を成功させるポイント!内覧者が見てる所とは

内覧者が訪問したら、マンション売却の大きなチャンスです!

 

インターネットやチラシ、不動産会社の紹介などで、マンションを購入したい方々は物件を知ることになります。

 

しかし、内覧に来る前の段階で間取りや住所、価格について「自分の求める条件に合うかどうか」を判断します。

 

ここで、自分が求める条件とは違う部分があり、それ以上の興味が持てない場合には、「内覧」をしようとは思いません。

 

つまり「内覧」をするのは「購入する見込みがある」ということなのです。写真や間取り図などでは分からない部分を内覧でチェックしようとします。

 

売主側からするとここが大きなチャンスです。内覧がなければ購入には結びつきませんから、このチャンスを無駄にしないように準備と配慮が必要です。

 

では、具体的にどんな点に注意すべきかお話ししていきます。

 

 

内覧者がチェックするポイントを知る

 

内覧は物件に興味があるからこそ成立するものです。そのため、内覧に来る人の多くは「購入したい」という希望を持っていらっしゃいます。多くの内覧者は数あるマンションから数件程度に絞った状態で来られます。売主としては、そんなライバル物件の中、売却に結びつけるために内覧を成功に導くための配慮が大事です。

 

内覧者がどんな部分をチェックするのかを知り、内覧前に準備しておきましょう。では内覧者はどんな部分をチェックするのでしょうか。

 

玄関は第一印象が大事

 

そこで大事なのが玄関。第一印象を決める玄関がかなり大きなものになります。玄関が乱雑になっていると「部屋も汚いのではないか」という悪印象を与えてしまいます。

 

砂ぼこりが溜まっていたら丁寧に掃除しましょう。また、靴が乱雑になっているのも悪い印象になりますので、整理整頓を心がけて下さい。

 

また、入った瞬間のニオイも気になるものですから、空気の入れ替えや芳香剤で対策しておきましょう。

 

内覧に来る時には「この部屋に住んだ時の明るい希望」を持ってもらいたいので、玄関に入った瞬間にゲンナリさせないような準備が大切です。

 

清潔感をキープするようにしましょう。

 

 

水回りは丁寧に掃除をする

 

浴室やキッチン、トイレという水回りもよくチェックされる部分です。広さはどうか、浴室乾燥機などの機能は充実しているかという点について、気にされる方が多いです。

 

しかし、機能的なものは、すでに備わっている部分なので変更することもできませんよね。

 

そこで大事にしたいのが「水垢」などの汚れを丁寧に取っておくことです。あまりにも頑固な汚れは専門業者に頼むなども場合によっては必要です。

 

バルコニーの掃除もしっかりと

 

売主側は内覧を迎えるために玄関やお部屋の掃除を主にするでしょう。ここで以外に忘れがちなのが、バルコニーの掃除です。外にある部分なので、なんとなく頭に思い浮かばないこともあるでしょうが、これから住む人にとっては気になる箇所です。

 

バルコニーにも出て見てもらえるようにスリッパも準備しておくと丁寧な印象を与えられます。

 

 

これはNG?内覧でやってはいけないこととは

 

住みながらの売却の場合、購入希望者が内覧にいらっしゃる時には当然売主も立ち会いますよね。でも、人が住んでいる物件を見る時には、内覧者側にとっては遠慮してしまう部分があります。

 

一方、引っ越し後の内覧ならば、当然家の中には家具などがなく広々としていますから、住んだ時のイメージがしやすく内覧も成功する可能性が高くなると言えます。

 

しかし住みながらの売却の場合でも、掃除や整理整頓に気をつけて、清潔感や売主の人柄などが良ければ、購入まで結びつきます。

 

そこでやってはいけないNGポイントについてお話ししていきます。

 

 

売り込みしすぎない

 

売主としては、このチャンスを逃したくないと思うのは当然です。内覧者が来ると、ここぞとばかりにアピールしてしまうかもしれませんよね。

 

しかし、あまりにも売りつけるような態度は、逆に悪い印象を与えてしまいうことになりかねません。必要以上に話しかけるような売り込みは避けた方が無難かもしれませんね。

 

 

家族全員在宅しない

 

内覧に来た人は、ゆっくりと中を見たいものです。しかし、家の中に家族全員が在宅していると気をつかってしまうものです。

 

ですから、子供やペットがいる場合には、内覧の方が来るタイミングで、他の家族に頼んで散歩などに出かけてもらうようにすると、内覧者が落ち着いて見られる配慮になります。

 

ゆっくりと見てもらって、購入に結びつけたいものですよね。

 

好印象を持ってもらうように

 

内覧者は今後買主となる可能性のある人です。内覧の時に売主がぶっきらぼうな無愛想な態度を取ってしまうと「この人からは買いたくない」と思うことも・・・。

 

購入者は高いお金を出してマンションを買うのですから、気持ちの良い取引をしたいと思うでしょう。いらっしゃった人に、不快な気持ちにさせることのないように、丁寧で親切な対応をして好印象を持ってもらうようにしたいものです。

 

 

 

不動産会社との間で気をつけるべきこと

 

内覧を希望する人は「気になった」と思えば早くに見てみたいと思います。

 

そのため、そういった方の連絡を逃さないためにも、固定電話以外の連絡先を不動産会社の担当者に教えておくことをお勧めします。

 

携帯電話やメールアドレスなど、不動産会社の人からの連絡がつきやすいようにしておくようにしたいものです。

このページの先頭へ戻る