マンションを売却するときの査定から売買契約までの手続きの流れ

マンションの売却は一生に何度も体験するものでありません。

 

投資目的で売却する人以外は、ほとんどが初体験です。

 

そこで、これからマンションを売る場合の契約から買主が見つかった後の売買契約までの手続きや売却までの流れについて紹介します。

 

不動産会社と媒介契約を結ぶまでの流れ

 

1.情報収集をする

 

マンションを売却するのには、いろいろな理由があります。

 

急ぐ場合もあれば、ユックリでもOKという場合もあるでしょう。何も分からない状態から始める時には「まずは不動産会社に連絡しよう」と考えがちですが、その前に「情報収集」をひとつ加えて下さい。

 

初めから不動産会社に連絡しても間違いではないですが、何も事前情報がない状態で売却を行うのと、ある程度の流れや情報を知って行うのとではスムーズさが違います。

 

また、マンションの相場についてもインターネットを利用すれば、おおよその相場感も掴めることが多いです。ただ、自分でリサーチした価格はあくまでも参考程度に考えておくようにしましょう。

 

 

2.不動産会社に査定をしてもらう

 

多くの人は「マンションの売却が初めて」という感じではないでしょうか。

 

問い合わせをしたくても、どこに頼んだらいいのかが分からないものですよね。

 

しかし、ひとつの不動産会社にしか問い合わせをしないのもよくありません。それでは、他社との比較ができないからです。

 

そこでお勧めなのが、不動産一括査定サービスです。

 

これならば、一度物件情報を登録するだけで複数の不動産会社から査定をしてもらえるメリットがあります。

 

査定の方法には、机上査定と訪問査定があります。

 

物件の情報や築年数、専有面積などだけでおおよその査定をしてもらえるのが「机上査定」、実際に現地で細かい調査をして説明してもらえる「訪問査定」があります。

 

まずは机上査定を複数社に頼み、査定額を見てから、いくつかの不動産会社に訪問に来てもらう方法もあります。

 

また、初めから訪問査定で何社かに来てもらう方法もあります。

 

いずれにしても訪問査定の段階でも、数社には来てもらって、査定額や担当者の対応をチェックしてもらい、どの不動産会社に依頼するかを決めていきます。

 

 

3.媒介契約を結ぶ

 

訪問査定を経て「この会社に頼もう」と思える不動産会社が見つかったら、早速媒介契約を結びます。

 

ただし、媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」があるので、どの方法で契約するのかを自分で決める必要があります。

 

一般媒介契約なら複数の会社に依頼をしてもOKですが、それ以外の契約は一社にしか頼めません。

 

また、内容も異なっていますから、自分の売却に対するスケジュールや重視する点と、それぞれの媒介契約のメリット・デメリットを総合的に考えて媒介契約の種類を決めましょう。

 

 

不動産会社と媒介契約を結んだ後の流れ

 

4.売却のための広告活動がスタート

 

不動産会社は広告活動を始めます。広告活動によって購入希望者が現れるかの大事なものですから、不動産会社の腕に期待したいところです。

 

一般的には、レインズへの登録、折り込みチラシへの掲載、インターネットへの掲載、自社のお客さんへの売り込みなどになります。

 

ただし、媒介契約の内容によっても広告活動の規模が異なります。

 

これらの広告活動によって、不動産会社に問い合わせがあれば、内覧となります。

 

 

5.内覧をしてもらう

 

購入希望者から問い合わせがあり希望があれば、すぐに内覧をしてもらいます。

 

現在、住みながら売却している場合には、内覧希望者がいつ来てもいいように普段から丁寧な掃除や整理整頓を心掛けて下さい。

 

内覧は売却まで中でキーポイントとなるべきものです。

 

「購入したい」と思ってもらえなければ、購入に結び付きませんよね。

 

お見合いと一緒で「第一印象」が大事なのです。

 

印象をよくするためにどうすべきか・・・という点については、しっかりと把握しておき、工夫しておくことが重要です。

 

また、すでに引越して空き家になっている場合には、ハウスクリーニングなどをして「綺麗さ」をアピールしておくと好印象になります。

 

 

売りに出したマンションの購入希望者が現れた後の流れ

 

6.売買契約を結ぶ

 

「購入したい」という人が現れたら、売買契約の手続きをする前に条件面でお互いに交渉し合うことになります。

 

この際には「価格を下げて欲しい」と言われることもあります。

 

初めに提示した価格で売却できるのが理想の形ではありますが、せっかく現れた購入希望者を逃したくない場合もありますよね。

 

ただ、売り出しからの期間、住宅ローンの残債額などを考慮して、「このくらいまでなら値下げもOK」という額を事前に考えておくと良いでしょう。

 

また、引渡し日などの調整も行われます。

 

条件面での交渉事が済んでOKとなれば、いよいよ売買契約となります。

 

実際には売買契約の日には「確認する」という感じで、その前にさまざまな取り決めが行われて説明されます。

 

基本的には売買契約の日には、買主から売主へ手付金が渡されます。

 

また、不動産会社へ仲介手数料を一部(一般的には半分)支払いをしなければなりません。

 

仲介手数料の金額や支払日については、通常媒介契約書に記載されていますので確認して準備しておくようにしたいものですね。

 

 

7.引渡し

 

売買契約が終了すれば、後は引渡しを待つだけです。

 

住宅ローンが設定されている物件は引渡しで完済したと同時に抵当権が解除されます。

 

事前に金融機関に連絡して打ち合わせをしておくようにしましょう。

 

また、抵当権の抹消や新しい買主への登記などは司法書士に依頼することになります。

 

不明な点はすべて不動産会社から指示やアドバイスをもらうようにしましょう。

 

また、引渡し当日には仲介手数料の残額の支払いもありますから、しっかりと準備しておく必要があります。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る