不動産会社とマンション売却で交わす3つの契約の特徴と選び方

マンションの売却を不動産会社に依頼するには、まずは「媒介契約」が必要です。

 

マンションを売却しようと思った時には、まずは不動産会社に「自分のマンションを購入する買主を見つけて欲しい」という依頼をします。

 

この時に、不動産会社と交わす契約が「媒介契約」です。

 

ただ、媒介契約には3種類ありますので自分がどの種類の契約をすべきかは、事前に判断しておかなければなりません。

 

それぞれの種類のメリットやデメリットを把握して、自分にぴったりの媒介契約を交わす必要があります。

 

 

何社かと同時契約できる一般媒介契約

 

マンションの売主は同時に数社の不動産会社に売却の依頼をする事ができます。マ

 

ンションを査定してもらった時に、ひとつの会社に絞らなくてもよく、気になった不動産会社があれば、いくつかの不動産会社に頼むことができる方法です。

 

売却の窓口が広がりますし、売主側としてはメリットが大きい媒介契約のように感じられますよね。

 

確かに査定額の高い不動産会社で買主が決まれば、売主としても大変ありがたい方法ではあります。

 

ただし、デメリットもあります。

 

それは、「その物件についての問い合わせがあった」、「興味を持っている客がいる」という売却に関する情報を不動産会社側は売主に報告する義務がありません。

 

そのため売主にとっては、自分が売却する物件がどの程度の反響があるかが分からなく不安になってしまうことも・・・。

 

また、不動産会社は買主を見つけ、その買主と売主が「売買契約」を結ばなければ仲介手数料が入ってきません。

 

そのため、ライバル会社に先を越されてしまっては、自分のところで宣伝広告にかけた費用が全く回収できませんので、必然的にあまり積極的な販売活動はしないケースが多いです。

 

このような背景があるので、結局は長い売却期間になってしまうことも多いのが現状です。

 

 

1社の不動産会社と契約する専任媒介契約

 

一般媒介との大きな違いは、一社のみとの媒介契約になるということです。

 

また、自分で買主を探すこともできます。

 

依頼を受けた不動産会社としてはライバル会社がいませんので、早めに買主が見つけられれば仲介手数料が入るため、販売活動はかなり積極的に行われるケースが多いです。

 

また、不動産会社同士で情報交換ができるシステムであるレインズへの登録が義務づけられているので、全国の不動産会社に物件の情報が行きわたります。

 

他の不動産会社のお客さんが問い合わせをしてくるチャンスが広がります。

 

さらに、不動産会社は2週間に1回以上は、販売活動の状況を伝えることになっていますから、状況を把握できて安心というメリットがあります。

 

ただ、この種類の契約のデメリットは、不動産会社選びを間違ってしまった時に出てきます。

 

契約の有効期間は3か月ですから、その間に不動産会社に不信感が出てもその期間内は他の会社に頼めません。

 

3か月の間に買主が見つからず、また不動産会社を変えたいとなれば、それからまた他の不動産会社を選択し直すことが求められます。

 

 

 

自由が利きにくいが不動産会社が本気になる専属専任媒介契約

 

前述の専任媒介契約とは、大きな意味で同じような契約になります。

 

一社の不動産会社としか媒介契約を結べませんし、自分で買主を見つけて売買契約するのもNGです。

 

必ず、依頼した不動産会社を通して売買契約を交わす必要があります。

 

また、不動産会社は依頼主には販売活動状況を1週間に1回以上は伝えなければならないと定められていますから、売主側としては頻繁に活動状況が分かって安心というメリットがあります。

 

レインズにも登録の義務がありますし、他の不動産会社経由で購入希望の問い合わせがある可能性もあります。

 

ただ、こちらもまた選んだ不動産会社によって結果が変わってきますから、力を注いでくれる信頼できる会社を見極める必要があります。

 

 

結局、不動産会社とはどの媒介契約を選ぶべきか?

 

物件の状況がそれぞれ違うので、どの媒介契約を結べばいいかとは一概に言えません。

 

メリットやデメリットを考慮しながら、自分に合った媒介契約を結ぶべきなのです。

 

一般的には、専任媒介契約で依頼するケースが多いです。

 

売主への報告義務がありますから、宣伝活動が明確になって安心ですよね。

 

ただし、条件の良い物件の場合には、専任媒介契約にこだわる必要もなく、一般媒介契約で複数の会社に依頼しても、早期に売れる確率が大きいと言えます。

 

このように、自分の売ろうとするマンションがどのような状況であるかによって、重視する点が違うのです。

 

3種類の媒介契約の違いは次のようなポイントです。

 

  • 複数の会社に依頼できるか、一社のみか
  • レインズへの登録が義務か、義務でないか
  • 依頼者への報告の義務があるか、ないか

 

最終的には、信頼できる不動産会社を見極めるということが大きなポイントになってきます。

 

後悔のない売却のためには、査定段階で複数の不動産会社を見極めることが大事。査定価格だけでなく、担当者の人柄や誠実さもチェックしなければなりません。

 

分かりやすく丁寧に説明してくれる担当者であるかが、今後のカギを握ると言っても過言ではないでしょう。

 

また、各不動産会社の過去の販売実績も把握しておきましょう。

 

売却までの道のりをパートナーとして任せられる不動産会社に出会って、納得した売却をしたいものですね。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る