マンション売却での仲介手数料の算出方法と値引きについて

マンションを売った時に支払う仲介手数料とはいったい何?

 

払う必要はあるのでしょうか?

 

いざ、マンションを売却しようと思っても、自分で買主を探すということは困難に近いでしょう。

 

仮にタイミングよく購入したいという人が現れても、個人間での売買はとても難しいです。

 

売買契約書を個人で作成することも難しいですし、そもそも引渡しをした後にマンション自体にトラブルが発生すれば個人間では解決が難しいもの。

 

それに、買主が住宅ローンを使用するとなると、融資関係の手続きも専門的な知識が相当必要になります。

 

そこで、多くの方々はマンションの売却を不動産会社に仲介してもらい売却をします。

 

広告などで宣伝してもらって購入希望者を探してもらうのはもちろんですが、売買に関わる相談やアドバイスにものってもらえます。

 

不動産売却が初めてという人も安心できる売却方法です。

 

マンションを買いたい人が現れ無事成約できれば、不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

 

これは、売買契約が見つかり契約を進めてくれたことに対しての「お礼」と考えましょう。

 

買主が見つかるまでの間の広告費用や人件費などの費用と考えてもいいですね。

 

ここで重要なポイントが仲介手数料は「成功報酬」だということ。

 

売却依頼をしても、最終的に購入者が見つからなければ仲介手数料の支払いは不要です。

 

 

仲介手数料はいったいどれくらい?その算出方法について

 

仲介手数料は、法律によって上限が決められています。

 

3段階に分けて上限が定められている

 

仲介手数料は売買価格によって計算方法があります。売買額を3つに区分して算出方法が異なっています。

 

@売買価格200万円以下の部分 ⇒ 売買価格の5%+消費税

 

A売買価格200万円以上〜400万円以下の部分 ⇒ 売買価格の4%+消費税

 

B売買価格400万円以上の部分 ⇒ 売買価格の3%+消費税

 

 

不動産の取引の場合、仲介手数料も消費税の対象です。

 

それでは、例を見てみましょう。

 

【売買価格が1200万円のマンションの仲介手数料】

 

@の部分 ⇒ 200万円×5%+消費税=10万8000円

 

Aの部分 ⇒ 200万円×4%+消費税=8万6400円

 

Bの部分 ⇒ 800万円×3%+消費税=25万9200円

 

合計額が 45万3600円となります。

 

 

上記のように、3段階に分けて上限額の算出方法が定められているのですが、一般的に、マンション売却の場合には売買価格は400万円を超えていることがほとんどですよね。

 

すべて3段階に分けて計算するのは面倒と感じてしまいます。そこで、400万円を超えた物件の取引においての、仲介手数料は一般的には簡易計算式を用いて算出されています。

 

 

 

簡易計算方法とは?

 

400万円を超えた額の取引額は、次のような簡易計算式を用いると仲介手数料が簡単に算出できます。

 

売買価格×3%+6万円+消費税

 

それでは、先ほどの1200万円のマンションの仲介手数料をこちらで計算してみましょう。

 

1200万円×3%+6万円+消費税
=36万円+6万円+消費税
=45万3600円

 

どうでしょうか。

 

先ほど3段階に分けて算出した仲介手数料の額と、ぴったり一致することが分かりますよね。

 

自分の売却したいマンションを売りたいと依頼した時に、仲介手数料がどのくらいになるかは上記の簡易計算式で算出するといいでしょう。

 

 

あくまでもマンション売却の仲介手数料は「上限」の額である

 

上記で計算した仲介手数料の額は、あくまでも上限の額であるということがポイントです。

 

上限額を超えてはならないと決められているだけで、必ずしもこの額を支払わなければならないということでもないのです。

 

それより安いなら何の問題もありません。

 

そのため、これを超えた額の請求がされたならそれは「違法」です。

 

一方で、上限額を超えなければ問題ないのであれば、仲介手数料の額を値下げしてもらうことは可能なのでしょうか。

 

 

 

仲介手数料は値下げしてもらうことができる?

 

マンションを売却する際には、さまざまな諸費用がかかりますよね。

 

その中でも仲介手数料の額は、マンションの売買価格に応じて支払わなければならず、額の大きさにビックリすることもあるかもしれません。

 

「マンションが高く売れた」と喜んでも、それに比例して高くなる仲介手数料。

 

どうにか値下げをしてもらえないかと正直思ってしまいますよね。

 

仲介手数料の申し出をすることは、本当のところどうなのでしょうか。

 

 

仲介手数料は値下げ交渉は可能だけれど、しない方が無難!?

 

マンションの売却については、一般の方はほとんど知識がないですよね。

 

専門家である不動産会社の方に「仲介手数料はこれだけ必要です」と言われてしまえば「そういうものか」と思ってしまうでしょう。

 

しかし、仲介手数料の上限の事を知っている場合には、どうにか安くならないものかと値引き交渉をしてしまうことがあります。

 

ただ、あまりにもしつこく値下げ交渉をし値下げされたとしても、不動産会社の販売活動がおろそかになってしまうのではというリスクも考えられます。

 

そもそも、不動産会社はたくさんの物件を扱っており、仲介手数料が利益となります。

 

そのため、露骨に値下げ交渉をした場合には、高額の仲介手数料であるその他の物件を優先されるリスクもあります。

 

 

仲介手数料を安く設定する不動産会社もある

 

個人の買主と個人の売主の間に不動産会社が1社しか入っていない場合、不動産会社は「売主と買主」の両方に仲介手数料を請求できます。

 

そういった場合には、仲介手数料を半額にすることもあります。

 

また、その他、不動産会社によっては初めから「仲介手数料の値引き」を売り文句にしているところもあります。

 

 

 

このページの先頭へ戻る