マンションを売却するときの諸費用の種類と価格

マンション売却には、必要な諸費用について理解しておく必要があります。

 

マンションを売却すると「売却金額が手に入る」と利益だけを考えてしまいます。

 

しかし、マンションの売却にはさまざまな費用がかかります。

 

実際に手元に残るお金は、売却したマンションの価格から諸経費を引いたものです。

 

マンションでかかる諸経費には次のようなものが一般的にあります。

 

どんなものがあるかについて正しく理解しておくことが重要です。

 

マンション売却時に必要な諸費用とは

 

諸経費

  • 仲介手数料(不動産会社へ支払う)
  • 登記費用(司法書士司法書士へ支払う)
  • 印紙代(売買契約書に貼付する)

税金

その他費用

 

ここでは税金を除いた諸経費とその他費用について見ていきましょう。

 

 

不動産会社へ支払う仲介手数料について

 

マンション売却を不動産会社に依頼した場合には、仲介手数料が必要です。

 

支払うタイミングとしては、決済の時が一般的なのですが、不動産会社によっては契約と決済の2回に分割して支払ってほしいと言われることもあります。

 

また、仲介手数料の額についてですが、売買金額によって異なるので価格については一概に言えませんので割愛いたします。

 

 

司法書士へ支払う登記費用

 

マンションを売却すれば、所有者が変わりますよね。

 

引渡しの時点で「売主」から「買主」へと名義変更がされます。

 

司法書士は買主から売主へ、売買代金がわたり引渡しが完了した時点で、所有者の名義を変更します。

 

名義変更に関しては、専門的な知識も必要なので、司法書士など法律の専門家に頼む場合がほとんどです。

 

また、住宅ローンを支払中の場合のマンション売却にも注意が必要です。

 

銀行から融資を受ける代わりに、不動産には抵当権が設定されています。

 

抵当権の抹消をしてから登記を完了する必要があります。

 

抵当権を抹消するためには、住宅ローンの残金を銀行に一括で支払わなければなりません。

 

買主からお金が入ったタイミングで、銀行への残金支払をすることになります。

 

抵当権などの権利がついた不動産は、やはり専門家にすべて委ねて滞りなく引渡しが完了するようにしたいものですね。

 

不動産会社の担当者、銀行、司法書士と連絡を取り合いながら進めていくことになります。

 

さて、いったい司法書士費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 

実は、報酬に関しては、それぞれの司法書士によって異なります。

 

一般的には数万円から5万円弱と言われています。

 

 

売買契約書に貼る印紙費用

 

不動産を売買する際には、必ず売買契約書が交わされます。

 

売買に伴う重要事項が記載されている大事な書類ですよね。

 

この売買契約書には、法で決められた額面の印紙を貼ることになっています。

 

この印紙によって税金を納めていることになります。

 

印紙の値段は次のようになっています。

 

  • 売買価格500〜1000万円以下 ⇒ 5000円
  • 売買価格1000〜5000万円以下 ⇒ 10000円
  • 売買価格5000万円〜1億円以下 ⇒ 30000円

(平成26年〜平成30年3月31日までの間に作成された売買契約書について)

 

 

諸費用は売れなくても払うの?

 

前述した諸費用は、もちろんマンションが売れた場合に必要な費用です。

 

仲介手数料についても売買に結びつかなければ支払う必要がないものです。

 

また、まれに「広告費」という名目で不動産会社から費用を請求されることがあります。

 

しかし、一般的には広告費や宣伝活動にかかる費用は、成約した場合の仲介手数料に含まれているものです。

 

宣伝に必要なチラシ作成、新聞広告への掲載、看板を立てることに対しては仲介手数料に含まれると認識しておきましょう。

 

こうした費用を請求することは悪質であると考えましょう。

 

ただし、上記のような宣伝以外に、売主の方から「もっと広告を出して欲しい」「こんな広告を出して欲しい」と特別な依頼をした場合は別です。

 

この場合については、追加費用として請求されても違法ではありません。

 

不動産を売却するのに慣れていないことから、請求すれば支払ってしまうこともありますが、余分な費用を払わないように媒介契約を結ぶ前に仲介手数料や広告費に関してしっかりと説明を受けておいた方がいいかもしれませんね。

 

 

 

新しい家への引っ越し費用も忘れずに

 

マンションを売却するということは、新たな場所に住むということですよね。

 

そのためには、引越しに係る費用が必要になります。

 

引っ越し費用は、家族形態によって変化します。

 

ファミリーで引っ越しする場合とシングルで引っ越しする場合では、運ぶ荷物の量が全く違いますよね。

 

人数が多ければ多いほど部屋数も多いですから、引っ越しにかかる費用も増します。

 

そして、どこからどこに引っ越しするのかという距離によっても費用が変わります。

 

遠方に行く場合は、近場よりは費用が多くなります。そのため引っ越し費用の相場は一概には言えません。

 

また、土日や祝日の引っ越し料金は平日と比べて割高となるケースが多いです。

 

引っ越しシーズンになると、土日や祝日は高くても予約が埋まります。

 

そのため、マンションの売却が決まり、新しい住居が決まった段階で早めに見積もりを取って、引っ越し屋さんに予約をしておくようにするといいですね。

 

マンション売却時の費用についてはこちらの記事

このページの先頭へ戻る