理由があってマンション売却するとき修繕積立金は清算できる?

マンションの修繕積立金はそもそもどのようなものでしょうか?

 

一戸建ての住宅と違って、マンションでは月々の住宅ローンのほかに管理費や修繕積立金、駐車場代などが必要になります。

 

多くの人は管理費についてはよく知っているでしょうが、修繕積立金については「使い道は何なのか」について間違った理解をしているかもしれません。

 

そもそも修繕積立金という言葉の中には「積立」という言葉があります。

 

そのため、銀行へ貯金する感覚で考えている方も多いのかもしれません。

 

マンションを購入する時には、修繕積立金についてはしっかりと説明を受けたはずなのですが、毎月支払うべきものだとは把握していても、具体的な詳細については曖昧に覚えていて時が流れていくのかもしれませんね。

 

それでは、具体的にマンションの修繕積立金と管理費の違いを見てみましょう。

 

 

マンションの管理費について

 

マンションは、一戸建て住宅とは違い共用部分があります。それを維持管理していくことは、マンション住民のためにとても大切なことです。

  • 共用部分の光熱費(水道、電気、ガスなど)
  • 管理会社へ支払う費用
  • 管理組合の運営費
  • 共用部分の各種保険(火災保険や損害保険)
  • 共用部分の電球の取り替え
  • エレベーターの定期点検費用
  • 立体駐車場の保守点検費
  • 共用部分の清掃費
  • マンション周辺の植栽のお手入れ費用

 

このように、日常的に点検や保守をしなければならない部分の費用が管理費なのです。

 

マンションの修繕積立金について

 

マンションを建築する際には、長期的な目線で大規模修繕を計画しています。

 

数年〜数十年経過することで劣化してしまう部分について、初めから修繕計画を立てます。

 

外壁工事や配管工事などの改修工事がそれにあたります。

 

しかし、マンションの規模を考えると外壁の工事の費用も相当高額になってしまいますよね。

 

また、地震や事故など、急に修繕が必要になることもあるでしょう。いずれにしても一度に多額のお金が必要になります。

 

それを、その時にマンションに住む住民が分担して負担する訳にもいきません。

 

数百万から数千万円にも及ぶ修繕費用を居住者全員で割ったとすればその負担金は相当な額になるでしょう。

 

そこで、積立金として将来の修繕に備えて毎月支払うお金が「修繕積立金」なのです。

 

長期計画によって、どのくらい年数が経過すればどんな修繕が必要かをあらかじめ計画し、それに沿った金額を毎月納める形になります。

 

 

修繕積立金は売却する時に清算してくれる?

 

修繕積立金は長期的な計画に基づいて支払を求められています。

 

月々の支払額は、各マンションによって異なりますが、管理費とは別に支払うものですし長期的に支払えば、かなりの額になりますよね。

 

 

例えば、数年かけて200万円の修繕積立金を納入したとしましょう。

 

マンションを売却する時点で「自分が入居していた時点では、一度も修繕が行われなかった。

 

修繕積立金の額が大きいから清算して欲しい」と思う方も多いようです。

 

 

確かに、自分が住んでいるうちに使われないなら、何だか損をした気分になってしまうのかもしれません。

 

実は、修繕積立金は、月々支払われている段階で管理組合の財産となります。銀行へ預ける貯金とは性質が大きく違うものです。

 

一度、支払った修繕積立金はマンション売却に伴って清算されることはないと覚えておくといいでしょう。

 

積み立てられた修繕積立金をマンション売却によって所有者が変わる度に清算してしまうと、いざという時に修繕ができませんよね。

 

すでに積み立てられた修繕積立金については、売却後に新しい所有者にその権利を引き継がれるものなのです。

 

 

修繕積立金を滞納していた場合はどうなるの?

 

新しい家を買えば、マンションでも一戸建てでも住宅ローンの支払いは大きいですよね。

 

現在の収入や生活状況によって月々支払っていきますから、長い年月で組まれているものです。

 

また、マンションの場合、住宅ローンの支払い以外に発生する「管理費」「修繕積立金」の支払もあり、合計すれば額は大きいですよね。

 

購入時点では無理なく支払えていたものが、年数が経つにつれて、支払いが困難になることもあるかもしれません。

 

仕事を失った、子供が増えて出費が増えた、病気になって医療費がかかるなど、さまざまな事情で修繕積立金を滞納してしまうケースがあるでしょう。

 

前述しましたが、新しい所有者には修繕積立金の権利が引き継がれます。

 

つまり滞納している分もそのまま引き継がれるのです。

 

 

もし1年分滞納しているならば、新しい所有者はその分の請求をされることになります。

 

マンションを売却する時点で新しい買主に、滞納の事実を説明しておかなければ後々のトラブルに発展するケースもあります。

 

 

もし滞納金があるとすると、買主と相談の上、その分の金額を売却価格から差し引いて設定するという方法もいいかもしれません。

 

マンション売却の時には、買主、売主ともお互いに気持ちいい取引ができるように、滞納があるならばトラブル防止のため、修繕積立金について軽視しないようにしておきたいものですね。

 

 

このページの先頭へ戻る