マンションの売却と買い取り業者との比較 | 2つの売却方法

マンションを売るときには、基本的に二つの方法があります。

 

多くの方がご存知の「仲介」での売却方法は、不動産会社が間に入って購入希望者を探してもらう方法。

 

不動産会社が紙媒体の広告や独自の宣伝方法で買主を探してくれます。

 

買主となるのは、個人のお客様です。

 

 

一方「買取」での売却。

 

こちらの方法は、不動産会社が直接マンションを買取してくれる方法。

 

どちらとも不動産会社に依頼して、マンションを売却する方法ではありますが、その内容は大きく異なります。

 

それぞれの特徴やメリットなどを比較してみましょう。

 

 

不動産業者の仲介によるマンション売却の特徴やメリット、デメリットとは

 

一般的にマンションを売却しようと考えた時には、不動産会社に仲介を頼むケースが多いようです。自分の力で買主を見つけるのって、なかなか難しいものですよね。

 

そこで不動産売却のプロフェッショナルの不動産業者に頼むと、購入希望者を見つけてもらうことができます。

 

仲介での売却のメリットとは

 

自分の希望にあった価格での売却ができる

 

査定額はあくまでも相場の価格。

 

必ずしもその価格で売らなければならないものではありません。

 

査定で出してもらった金額よりも高めの額に設定して売却したとしても、その価格でもいいから欲しいという買主が現れれば、それで売ることができます。売主としては嬉しいですよね。

 

また、不動産会社に宣伝活動を任せておけばいいので、より買主が見つかりやすくなるでしょう。

 

 

仲介での売却のデメリットとは

 

いつ売れるかの予測がつかない

 

ただ、購入希望者がいつ現れるかという点については、予想がつきません。

 

1か月後に売買契約が成立する可能性もあれば、半年たっても買主が見つからないケースもあります。

 

1年たっても買主が見つからないというリスクもあります。

 

物件の条件や価格などによって、購入希望者の見つかりやすさは変わってくるのです。

 

仲介手数料がかかる

 

売却したお金がすべて自分に入るかと思えばそうではありません。仲介手数料という報酬を不動産会社に支払う必要があります。

 

ですが仲介に入ってくれた不動産会社は、次の期間ずっと売主のサポートをしてくれています。

  • 購入希望者を見つけるまで
  • 売買契約を結んでから
  • 引渡しの時

 

仲介手数料は、不動産の売買価格によって変わりますから、高く売れれば仲介手数料も高いケースが多いです。

 

ただ、仲介手数料の上限額は決められていますが、業者によって設定額は異なりますので、初めに計算方法を確認しておくといいでしょう。

 

 

買取業者に「買取」してもらう特徴やメリット、デメリットとは

 

仲介での売却は個人の方が買主となりますが、買取では直接不動産会社が買い取るのが大きな特徴です。

 

買取での売却のメリットとは

 

すぐに不動産が売れる

 

仲介の場合と違って、購入希望者が現れるのを待つ必要がありません。

 

不動産業者との話に合意がつけば、すぐに売買契約ができます。急な転勤や引越し、離婚などで売却までの時間がない方には、お勧めの方法です。

 

人に知られず秘密での売却も可能

 

仲介での売却は、広く知ってもらうために、広告や宣伝活動をします。

 

インターネットや折り込みチラシ、新聞広告など多くの媒体に載せれば載せるほど人々の目に留まりますよね。

 

ただ、売却の事情によっては、あまり知られたくないケースもあるでしょう。

 

買取の場合には、不動産会社が直接買取をしてくれるので周囲に知られずスムーズな売却が可能です。

 

リフォームや修繕をしなくてもいい

 

一般的に仲介で売却をする時には、購入を希望する人がたくさん内覧に来ます。

 

その時に汚れや傷が多い物件ですと、「買いたい」という気持ちにさせることが難しいので、売却前にリフォームや修繕をすることもあります。

 

そうすると、その費用が余計にかかってしまいますよね。

 

しかし、買取の場合、買い取った不動産会社がリフォームや修繕をして、売りだします。そのため、現状のまま売却することができます。

 

 

買取での売却のデメリットとは

 

仲介での売却に比べて売買価格が低め

 

売却までの期間がスムーズで、確実に現金化できる買取では、その分「売買価格」の点でデメリットがあります。

 

それは、さまざまな手間がなくなる分、価格が安くなってしまうということです。

 

その物件によって相場は異なりますが、一般的な価格相場の7割程度の価格とさえ言われています。

 

時間や手間がかかっても「売買価格は高い方がいい」という方の場合、買取は不向きであるかもしれませんね。

 

 

売却と買取、結局どっちがお得?

 

これについては、個人個人の事情が違うので、一概にどっちがお得とは言えません。

 

例えば、急な転勤で住宅ローンを抱えたままマンションを売却する場合には、買主が見つかるまでは住宅ローンの返済にプラスして新しい引っ越し先の住居への費用がかかってしまいますよね。

 

このような場合、いつ売れるか分からず、二重生活のようにお金を支払っているのは厳しい状況になっています。

 

そこで、早めに確実に売却して身軽になるという買取は適しているかもしれません。

 

ただし、期間に余裕がある場合には、金額が高めの仲介でマンションを売ると価格的にはお得となります。

 

自分の売却の事情や住宅ローンの残債、また生活にかかるお金など総合的に考えながら、どちらを選択するかを決めていくのが良さそうですね。

このページの先頭へ戻る