マンションを売却するとき知っておきたい相場を調べる方法

マンションを売ると決めたら、まずは相場を知ることが大切です。

 

「マンションを売却する」という背景には、いろいろな事情がありますよね。

 

でも、どんな方でももっとも気になるのは「どのくらいで売れるのか」ということではないでしょうか。

 

そこで「とりあえず不動産会社に聞いてみようか」と考える方もいるかもしれません。

 

確かに不動産会社の方は不動産のプロですから、だいたいの相場を教えてくれるかもしれません。

 

でも、いきなり不動産業者に連絡するのは少し待った方が良さそうです。

 

なぜなら、自分が期待する価格よりも低かった時に、がっかりしてしまうかもしれないからです。

 

また、価格が思ったより低めに査定されても「不動産のプロがそういうなら・・・」と、言われるまま、その価格で売りに出そうと考えてしまう方もいるでしょう。

 

すると、後から「もっと高く売れたのではないか」と後悔してしまうこともあります。

 

納得の売却、そして損のない売却をするためには、まずは自分で相場を調べてみましょう。

 

 

マンションの相場をインターネットで調べる方法

 

現在は、一家に一台はパソコンがある時代。

 

インターネットが普及していますから、自宅で簡単にあらゆる情報を見ることができます。

 

不動産業者に電話してみる前に、いろいろと参考になりそうな情報を検索してみるのもお勧めです。

 

自分の売却しようとするマンション名を検索してみる

 

そこで、マンション名をそのまま検索すると、同じマンションが現在売られているケースもあるかもしれません。

 

また、過去に取引があったものがネットで情報として残っていることもあります。その価格を相場の参考として知ることもできるわけですよね。

 

ただ、間取りが全く同じでないケースもありますよね。

 

そこで参考価格として相場を知るためには、uあたりの単価を計算すればいいのです。

 

それで出た単価に、現在自分が所有しているマンションの広さをかけてみます。あくまでも参考なのですが、より相場価格を掴める計算方法です。

 

 

実際の取引価格をもとに相場を調べる方法

 

国土交通省の「土地総合情報システム」を利用して、相場を知る方法です。

 

http://www.land.mlit.go.jp/webland/

 

こちらのサイトでは、全国各地の不動産の実際の取引価格の情報を検索できます。

 

国土交通省が主体となって、実際に土地や一戸建て、マンションなどの購入をした方に「不動産取引」についてのアンケート調査を行ったデータを見ることができます。

 

ただし、アンケートそのものをすべて公開している訳ではありません。

 

アンケート調査に協力してくれた方々の情報は、個人情報を保護する意味でも、アンケート情報をみただけで「ここだ」と判断されないような形になっています。

 

そのため、正確な番地がついた住所までは、もちろん公開されていません。

 

最寄駅までの距離、間取り、面積、建築時期、取引時期、取引総額を知ることができます。

 

そこで自分のマンションに近い条件の取引価格を見れば、相場の参考になります。

 

また、間取が条件に近いものがなかった場合には、さきほどのように面積からuあたりの単価計算をしてみて、自分の売却するマンションに当てはめてみるといいですね。

 

 

不動産物件情報の相場をチェック

 

インターネットが便利ですから、不動産情報の掲載されている新聞広告やチラシなど紙媒体の情報を敢えて見ないという方も多いかもしれません。

 

しかし、売却する参考としてはチラシのチェックもしておくといいでしょう。

 

さまざまな不動産会社で売りに出している物件が掲載されていますから、相場を知る上ではかなり参考になる情報です。

 

もし、同じマンションが売却されていたら、かなり精度の高い相場を知ることができます。

 

また、近隣の同様の条件のマンションが掲載されていれば、かなり参考になりますよね。

 

 

 

相場はあくまでも目安!売却額ではない

 

このようにインターネットやチラシなどの情報で、マンションの情報が検索できれば相場についてはある程度知ることができるでしょう。

 

しかし、これはあくまでも参考として考えておきたい数値です。

 

さきほども言いましたが、仮に同じマンションだとしても、日当たりのいい条件の部屋と少し日当たりが良くない部屋では「需要」が違ってきますよね。

 

さらに、階数が違えば条件は一緒ではないのです。

 

そのため、uあたりの単価そのものが違ってくる可能性もあります。

 

仮に同じ階数で同じ間取り、向きであったとしても、「参考」に留めておきましょう。

 

室内の汚れや劣化具合もまた価格には大きく影響してきます。

 

そのため、これらで得た情報は、本当に参考として考えておくべきです。

 

 

古い情報から得たマンションの相場はあまり参考にもならない

 

不動産の取引は、年々変化してきます。

 

不動産は動きませんから状況は変化しないと考える方も多いかもしれません。

 

駅からの距離などは年数が経っても変わりませんが、その他の周辺環境が変わって、そのマンションの価値が変わることもあります。

 

そのため、インターネットなどで得た情報が、あまりにも古いものだったら相場を知る上で参考にならないということになります。

 

数年前程度のものでしたらある程度参考になりますが、7〜8年も前の情報だったとなれば参考にして相場価格を割り出しても、期待を裏切られてしまうケースもあります。

 

情報を得るならば、現在売り出し中のものやなるべく近々の取引に限定しておくといいかもしれませんね。

 

最新のマンション売却査定を知るならこちらの記事

このページの先頭へ戻る